東海大志塾

塾長 大村 秀章

【 趣旨 】

  • 日本を覆う閉塞感。揺らぐ日米同盟。欧州・ユーロの動揺。中国をはじめ新興国の台頭。日本を取り巻く国際情勢は厳しさを増している。 一方、国内に目を投じてみると、人口減少・少子高齢化は止まらず、円高・デフレは真綿で首を絞めるかのように国民の生活と雇用を脅かす。
  • 漂流する日本。しかし、日本の国政は立ちすくみ、答えが出せない。遅々として進まない震災復興に見られるように、目を覆いたくなる決定力不足を露呈している。
  • こうした状況に対して、我々は今こそ戦略なき政治に終止符を打ち、日本の再生を目指すため、志を同じくする同志が相集い、以下の点を中心に日本を救う大戦略を打ちたてるべく、研鑚を積むこととし、この政治塾を設立する。

 

  1. 日本の国の統治のかたちを変える
    • 徹底した地方分権・行財政改革
    • 大都市こそ成長のエンジン。大都市圏の自立。中京都構想の実現
    • 道州制の実現
  2. 豊かさを生む新たな成長戦略を描く
    • 失われた20年を克服し、円高・デフレをストップ
    • 空洞化を食い止め、グローバル化に応じて国を開き、規制緩和を着実に進め、 ヒト、モノ、カネ、情報を世界から集め、知識集約型の新産業を興す
  3. 外交の自立

 

 

    2012年1月31日 記者会見

     

     

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 東海大志塾
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed